1歳 子供の叱り方

こんにちは。じょいころです。

子育て中のママから

仕事で相談を受けることがあります。

最近、数人の方から同じ相談を受けました。

1歳過ぎのお子さんの叱り方です。

叱り方の方法、程度、タイミング。

子供の叱り方は、いくつになっても

永遠のテーマです。

1歳過ぎはちょうど自己主張が出てくるし、

行動範囲も広くなって、

遊びも派手になってくる頃ですよね。

おかずを掴んで投げてみたり、

お姉ちゃんの髪の毛を引っ張ってみたり、

パパを噛んでみたり。

そしてママが注意しても、ニコ!

賢いママも成長の過程とわかっているけど、

やられて困っている人もいるんだし、

どこまで叱っていいのやら迷ってしまいますね。

イライラして気持ちが収まらないことだってあります。

まず、ママの中で叱りかたの仕分けをはっきりさせます。

例えば本気でMAXに叱るのは、危険な状況の時で、

それ以外は叱るというより教える、でいい、など。

叱るのもエネルギーがいります。

メリハリをつけることで、ママ自身が少し楽になりませんか?

子供が小さいうちは、理屈はとおりませんので

顔の表情や声のトーンで、いつものママとの違いを見せることも

時には必要かと思います。

日常の中で、身の危険、安全を学んでもらうことは

とても大切です。

あとは、ママに少しおおらかさも必要なんでしょうね。

床が汚れても良い状態にしておく、

髪の毛を短くする。。。など先手を打っておきます。

しかしながら、いつもいつもおおらかにはいきません!

姉だって泣くし、食べ物だって勿体ない。

ではどう叱ったらよいのでしょう。

「ダメでしょ!やめなさい!」

1歳児の頭のてっぺんから足の先までこれを吹っかけても、

よくわからないでしょうね。ニコ!

だって、本人、楽しく遊んでいるだけだから。

もしそれで泣き出すようだったら、

ママがとっても怖くて、それが悲しくて、

びっくりしているだけかも。

方法のひとつとして、

やらかした手を持って、

この手がしたことはママ嬉しくないんだよ、

と教えるつもりで話しかけることです。

私もそのやり方で、時には軽くペチッと叩きました。

それが良かったのかどうかは正直わかりませんが、

イライラがMAXになることなく、

子供とスキンシップしながら、言いたいことは伝えられて、

自分の気持ちも収まってくる、という感じでした。

最高の叱り方を探すことより、

ママの心身がいい状態でいることの方が

大切なんじゃないかと日々思っています。

かくいう私は今、

小学高学年への伝え方に悩む日々です。

ついつい、言ってしまう、ばかりで。。(⌒-⌒; )