子育てのイライラは母が原因!?その場でできる対処法

こんにちは。じょいころといいます。

子育てしていると、イライラすることは誰にでもあることです。

あとから自己嫌悪に陥ってしまうこともよくあることです。

今日もイライラしっぱなしだったなと反省ばかりで、子供の寝顔を見て涙が出てくることもあります。

実際の育児相談でもそのような話をたくさん聞きました。

毎日子育てで頑張っている母が自己嫌悪に陥るなんて、なんて辛い状況だろうと思いました。

自己嫌悪に陥るのは、我が子を愛しているからこそ、ですよね。

この記事では、私の体験も含めてイライラの対処法で大切なことをお伝えしたいと思います。

が!、子育てでイライラをゼロにはできません。それでいいんです。

最近子供にすぐイライラしてしまうという方は是非参考にしてみてください。

イライラ回避に少しでもお役に立ち心が軽くなることがあれば幸いです。

                               

子供にイライラする、というと、子供の行動に目がいったり、その行動を何とかあの手この手で修正しようとします。

しかし、イライラする原因は実は母側にもあるのです。

子供に限らず私たちがイライラする時ってどんな時ですか?

共通するのは、自分の思い通りにならない時ですよね。

つまり、これを子育てに当てはめると、子供が思い通りの行動をしてくれない、からイライラするのです。

ここで大事なことは、そもそも子供は親の思い通りにならない、ということです。

これを言ってしまうと、じゃあ母がそのことを理解していたらイライラしない、ということになりますが、わかっていてもイライラするから、あとでそんな自分が嫌になるんですよね。。

そう簡単にはいきません(涙)

ここでは、私が言う「母側の原因」の内容も詳しく解説していきます。

全体的にはこんな感じで進めようかと思います。

本日のテーマ
  • イライラの原因の内容
  • イライラの対処法「その場でできる具体策」
  • 日常生活での心がけ

原因は子供じゃない!

私が原因だった

ある日、仕事で育児相談を担当していた時にはっと気付いてしまったのです。

イライラしてるのは子供が悪いわけじゃない。

てことは・・・私の方に原因があるんだ〜!!と。

娘が手掴み食べをし始めた1歳過ぎ頃、ある時食べ物を口に入れずに皿の外へ投げていました。

運悪く私の頭にそれがのったのです!

その瞬間、私のイライラはピークに達しました。

大声を出して叱りつけ、その後涙を流しながら髪の毛を洗う・・

そんなことの繰り返しでした。

でも、育児相談を担当していた私は、母親たちに、

「子供が手掴み食べを始めたら次のステップへ進む成長の証ですよ」、「なんでもおもちゃにしてしまう子供は多才ですよね」

とまあ、こんな風に子供の成長について話をしていたのです。

やってることと言ってること、違いますよね。。。

食べさせてもらうだけだった我が子が、手掴みで食べて散らかせるようになった。

道具を使って食べる、という次のステップにいけるのは本当は喜ばしいことなのです。

他のことでもわけもなくイライラしてたわ・・・

「おもちゃを散らかす」これは遊びのひとつですよね。遊ぶから散らかるのです。

「片付けない」片付ける行為は高度なことです。片付けられないのです。

つまり、その年齢相応の行動を理解することで無理な要求に気づくことができあます。でないと、年齢以上のことを要求している場合もあるのです。

ただ、年齢相応といっても、性格やペースが個々で違うということも知っておく必要があります。

どうして気づけた?

まず、愛する子供のためです。

子供がこのまま母の理不尽なイライラをぶつけ続けられたらどう感じるか、どうなっていくのか、よく考えてみました。

子供のせいにすることは簡単ですが、子供を悪く言うのは母親として本当はとても辛いことですよね。

悪くないのに悪く言われ続けた子供はどうなると思いますか?

決していい方にはいかないことは何となくわかると思います。

そして、自分のためです。

イライラしてばかりいることが、精神的によくないことはわかっていました。

顔の表情も最悪になっているな、と感じていました。

精神的によくないと、身体もボロボロになることもわかっていました。

心と体はつながっていますからね。

原因の背景は何?

私の方の原因は次の通りです。

  • 疲労
  • 心理的ストレス
  • 不安

・疲労

多くの母親が仕事と家庭を両立しています。家事をこなすだけでも肉体的に疲れます。

特に幼児期の子育ては睡眠も取りづらく直接的なお世話も多くヘトヘトですね。

そんな時、休みたいのにそれを妨げる対象には攻撃的になりやすいのです。

子供の行為は大概親の思い通りにならないものですから、疲れている体を休ませてくれない悪しき行為に映ってしまいます。

また、女性は特に疲労からホルモンバランスが崩れるとイライラしやすくなるということも知っておきたいですね。

・心理的ストレス

心と体はつながっているので、上記の「疲れ」が心のストレスになります。

また、仕事やその他の人間関係に不満や不安があるとストレスになります。

私の場合、夫の協力が思うように得られなかったことで夫に対して不満がつのり(男性の方すみません!)、大きなストレスでした。

本来、夫へのストレスと子供のことは関係のないことなのですが・・・

ストレスが大きくなるとその吐け口が子供にあたることになってしまうこともあります。

・不安

育児を初めてしているといろんなことが心配で不安に陥りやすいです。

この育児の方法であっているかな、とか、我が子の発達はこれで大丈夫なのかな、とか。

当然です!初めてなんだから。

不安を感じたらその都度解消していけば大きくならずに済むので、そんな時は友人や育児相談の場でどんどん話して聞いてみるとよいです。

ただ漠然とした不安もありますね。例えばお金。

子供が生まれたら、ひとりにかかる教育費はこれくらい、といった情報もたくさん耳に入ります。

そんなお金ないよーーー(汗)

私にもそんな不安がありました。夫が転職した時期と重なったこともあり、将来子供にかけるお金に余裕はあるのかといった心配もしました。

情報に振り回されることなく自分たちのやり方をしっかり築いていくことが大切だと今は感じています。

このようにイライラの原因は、もともとは自分を取り巻く環境やそこからくる心の状態が関わっていたのです。

すぐできる具体的な対処法

自分を取り巻く環境や心の状態は、今すぐ解決することばかりではありません。

解決できたらそれにこしたことはありませんが、

仕事が忙しいからすぐ辞められますか?

夜の授乳をやめたらすぐに睡眠時間を確保できますか?

将来のお金を今すぐ確保するあてはありますか?

今すぐ夫を100%妻の理想の夫に変えることができますか?

答えはノーです( ̄◇ ̄;)

これらはある程度時間をかけて、改善していく必要があります。

では、私がやってきた、すぐできそうな具体的なイライラ解消法を紹介します。

ひと息つく

まずは深呼吸

それだけで少し落ち着けたらよいですが、無理ならその場を離れます。隣の部屋でもよし、トイレに隠れてもよいです。

いわゆるクールダウンですね。

こうすることで、自分がどういう状態か考えられるし、子供がどんな状況なのかもまともみみることができます。

声のトーンも変わりますよ。

できる時にやってみてください。

そんなもんやる暇あるか!という時はやらなくていいです。

私の実行率5割だったかなあ・・・

子供への愛情を思い出す

赤ちゃんを授かった時の喜び、思い出せますか?

子供は理由なく愛おしい。それを敢えて思い出し意識することで、その場の子供に対する見方が変わります。

生まれた時の写真を部屋に飾ってそれを見るのもよいかもしれません。

こんなに大きくなった我が子を改めて感じる。

たまに「昔は可愛くて良かったな、生意気になっちゃって」と思うかもしれませんが、同時に成長を感じてください。

あなたの愛情なしにはここまで大きくなれなかったのだから。

短所は長所の裏返し

子供の短所にイライラしていませんか。

そもそも短所や長所には絶対的なものはないといわれます。

見方や状況次第では、短所が長所になるのです。

例えば、子供の消極的な性格や行動にイライラしてしまうという相談がよくあります。

3、4歳くらいの子であれば、お友達の中になかなか入っていけない、遊び場に行くとお母さんから離れるまで時間がかかるなどです。

これは見方を変えれば、慎重に行動できる、相手をよくみて行動できる優しさを持つ、など長所でもあります。

また、ヒトは生まれてくると自己防衛の力が育っていくといいます。

小さい子がじーっと見てから手を出したり行動するのは、これは安全なものなのかな、安心な人なのかな、ということを観察しているからなのです。

短所ではなくて成長の証ですよね。

例として捉え方の変換をいくつかあげてみました。

母親が考える短所長所に変換
消極的慎重 自己防衛
マイペースおおらか
引っ込み思案気を配れる
意思が弱い(おもちゃを取られる)譲れる、優しい
繊細感受性が豊か
生意気意志が強い

そんな切り換えできるか!という場合は、

無理やり褒めて笑いを誘うこともありました。

例えば、「上手に散らかすねえ」「物を壊すなんてなんて力持ち!」とか。

ちょっと強引やね・・

でも、これを言うことで、結構その場が和んで聞いてくれること多々ありました。笑いは大事

それでもどうしても変換できない時があるかもしれません。

そんな時は日々の生活で、短所を見つけるよりも長所を見つけることにちょっとでも意識を向けてください。

子供もその方が嬉しいはずです。

「私、イライラしている」宣言する

声に出して言っちゃいます。

「お母さん、今イライラしている!」

「ごめん!本当にイライラしてるわ。してるしてる。」

いてもたってもいられない時は、声も大きくなります。

できれば、一息ついて声のトーンを抑えて言うことをおすすめします。

声に出して宣言するのは自分の今の状態をそのまま相手に伝えているだけです。

威圧的に叱ったり、命令したり、侮辱したりしているのではないのです。

子供らはイライラをぶちまけられるよりまだマシ。

子供は賢くて、そう言われたら母の姿を目で追って、慎重に行動します。

母自身も言いながら、少しずつ冷静さを取り戻していけます。

幼児期の子には言ってもよく伝わらないんじゃないのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

母の表情や口調で察することはできますし、何より母が少し冷静を取り戻せるでしょう。

日常生活の中での心がけ

イライラしないために、自分の枠を広げるとか子供への期待のハードルを下げる、自分を客観的に理解する、ということを何かで読んだり、どこかで言われたことはありませんか?

それは間違っていないし、大切で最高の形だとは思います。

が、急に全てをこなそうとすることは大変なことです。

正直、それができたら困ってないわ!と私は思います。

そんな優れたヒトではありませんです、はい。

そんな私が出した答えは、すぐにできなくっていい、んですよ。

日々大切な意識を少しづつ積み重ねていって、結果その状態に近づけたらそれでいいんです。

子供に目を向ける、耳を傾ける

子供は何を言いたいのか、何を思っているのか、何を感じているのか、まだ言葉を話せない赤ちゃんの時から、私たち親はよく耳を傾けなくてはなりません。

これは大事なことです。

子供は一番近くにいる、生まれて初めて覚える信頼できる母や父に、聞いて欲しい一心で訴えてきています。

信頼する親に聞いてもらえた!ということを実感することは、何より安心感に繋がるだろうと思います。

それは将来の子供の心身の成長にも繋がるのです。

私はこれが十分できていたのか、、今でも自問自答。

「聞いて聞いて」「見て見て」にもどのくらい応えられただろう・・

自分のことや目の前のことを

優先させてしまうと、子供のささいな訴えに耳を傾けられないのです。

いつからでも遅くはないです。気付いた時から、できる範囲で精一杯子供のこえに耳を傾けてみませんか。

子供に謝る

子供に対して、イライラをぶつけすぎた、話をよく聞いてあげられなかった時は、素直に子供に謝ることも大事なことです。

子供もひとりの人格者としてみるということです。

謝ることで、自分の気持ちがいくらか楽になります。そしてリセットできます。

私も何度も謝りました。その繰り返しでもいいと思っています。

まだ小さくて言葉がわからなくても、寝てしまった後でも、声をかけてください。それでいいんです。

まとめ

とにかくまず自分に目を向けよう

子供へのイライラの対処の方法を、私のやってきたことを踏まえて、原因とともに紹介してきました。

他にも様々な対処の方法はあると思いますが、母自身の状態が大事だと実感しており、その視点から解説してきました。

子供に対するイライラで自己嫌悪に陥ってしまう、何とかしたいという方は参考にしてください。

イライラする時は、

心の状態はどうなのか。

身体の状態はどうなのか。

周りの環境はどうなのか。

まず自分の状態を見つめてください。

それから子供のことをしっかり見つめてください。

子育てにイライラはあるものです。ないってことはないです。

その中で、母自身も人間的にひとまわりもふたまわりも大きくなります。

(といって、よく自分を励ましました)

それは子供だけのせいでもないし、母だけのせいでもありません。

まず自分に目を向けて、自分自身の心の安定をコントロールできる手段を実践することが、私がやってきた子供へのイライラを回避する近道です。

子供は母が大好きです。大好きな人が自分をよく見てくれる、知ろうとしてくれる、それだけで気持ちがとても安定しますよ。