耐熱で洗いやすい!人気ハリオのカークボトルは黒カビの心配なし

おはなちゃん
おはなちゃん

カークボトルについて解説します!

本体ボディがプラスチックでできている角型のボトルです。

耐熱、取っ手なし、横置きOKなメリットはワイン型ボトルタイプと同じです。

ワイン型ボトルのメリット・デメリットはこちらの記事を参考にしてください⬇

ハリオフィルターインボトルのメリット・デメリット

2本のボトルハリオフィルターインボトルのメリット・デメリット

カークボトルはワインボトルタイプのデメリットを解決してくれます。

ワインボトル

  • 手を入れて洗えない
  • フタのカビが生えやすい
  • ガラスなので割れる

カークボトル

  • 手を入れられる
  • フタのカビが生えにくい
  • プラなので割れにくい

つまり、カークボトルの方が圧倒的なメリットの多さです。

ただ、オシャレ度はワインボトルより若干劣ります。

※あくまでも私の主観であります。

広口なので手を入れて洗うことができます。私の手は大きい方ですが、すんなり入るので、たいていの女性の手は楽々入るでしょう。茶渋はどうしても残ってしまうので、スポンジで直接洗えるのは嬉しいです。

ワインボトルのシリコン製フタ本体に対し、カークボトルのフタ本体はポリプロピレンなので、カビの心配は少ないです。

ワインボトルはシリコンフタの凹凸も多く、私は黒カビを生やしてしまったことがあります。

一方でカークボトルは5年以上使っていますが黒カビは全く生えていません。

仮にフタ本体にカビがついても洗って落とせます。シリコンのように黒カビが浸透することがありません。

ただしパッキン部分はシリコンなので、外してしっかり乾かしてください。油断大敵!

ニトリのA4ファイルボックスにピッタリ入ります。使用しない期間はこれに収納しておきます。

まとめると、

カークボトルの
メリット

  • 耐熱で食洗機OK
  • 取っ手無しで省スペース
  • 横置きOK
  • 手を入れて洗える
  • カビの心配少ない
  • 割れにくい

私はオシャレ度に関してはワインボトルの方が好きなのですが、我が家にはやんちゃな小学生がいるので、ガラスだといつ割れるかヒヤヒヤものです。その点、カークボトルは子供が扱っても安心です。

家庭の事情や好みで人によって選ぶものは違ってきます。よく検討してくださいね!

おすすめ記事

おすすめ水出し紅茶☆人気のメーカー5選!

おすすめ水出し紅茶☆人気のメーカー5選!