田舎暮らしは本当に健康にいいのか?車生活による運動不足から考える

こんにちは!じょいころです

田舎に住み始めてから

ずーっと運動不足を感じ続けています^^;

都会に住んでいる時にはなかった感覚です。

最大の要因は、

「歩かない」

からです。

「田舎は不便だけど健康にはよいよね〜」ゆるゆる〜

という考えで田舎に住むのは

危険です!

車生活による運動不足解消は簡単ではありません!

今回は、

・運動不足になる車生活

・田舎に行けば健康にいいと思われている点の実態

について私の経験から深堀りします。

私が田舎と都会との違いを痛感できるのは、

大都市で10年以上住んだ経験があるからです。

都会も田舎も住むのには一長一短だと思っています。

「どちらかが絶対にいい」

とは思っていません。

いいとこ取りでどちらにも住むのが夢のひとつ・・

おはなちゃん
おはなちゃん

んま!!欲張り・・

車生活による運動不足をあなどるな

車生活とは?

田舎では、

「1人に1台」

が基本です。

私が移住した当初は夫婦で1台でした。

それで十分だと頑張りましたが・・

無理でした^^;

公共交通が少ない、買い物などの仕事以外の御用先が遠い

といった理由があげられます。

車が当たり前の習慣になるのは恐ろしいことで、

田舎の多くの人は、

50m、いや30m先でも車を使うことが多々あります。

まさに足代わり!!

それによって、外を歩く人は少なくなるので、

健康のためと思って歩こうとすると目立ちます

都会のように日常的に歩こうとしても、

どんどん車だけになっていくのがおわかりでしょうか??

おはなちゃん
おはなちゃん

30mってどんだけ近い??

近所の公民館までとかね。

都会では何キロでも歩いていたから感覚狂うわ

都会では嫌でも歩く構造になっています。

駅の階段、乗り換えの通路、好きな街をぶらぶら···

田舎ではその強制的な運動が一切無くなっていきます。

下肢の筋力がどんどん落ちていき

気付けば少し歩いただけで息切れ、走ることができない、

という状態になっている(私です・・)

若いうちは体力があるので、

カバーできます。

ところが

放っておくと、

高齢者になった時に骨が折れやすくなったり、関節を痛めやすくなったりします。

カラダの色んな所に出てくるわけです。

これが進行すると寝たきり··ですよ😨

私も移住当初は意識的にバスを利用したり、自転車に乗りました。

しかしながらどれも軌道にのらず、

今では完全に車に支配されてしまっています。。。

運動不足解消は容易でない

「車は生活に欠かせないのは仕方ないから、自発的に運動すればいい」

おっしゃる通りでございます。

自発的に走ったり歩いたり、ジムに通ったりして、

車生活による運動不足を解決している人もいます。

その人達は問題ないです。

ところが

「自発的な運動」を続けられないから問題

なのですよね。

言い訳がましいですが、

自発的な運動を続けられない理由を、

田舎目線で書かせてください!

ジム通い

まずジムが遠い(可能性が高い)。

人口が少ないので仕方ないのですが、

圧倒的に数が少ないです。

都会なら仕事か自宅の最寄りの駅近くなどにある可能性が高いですから。

田舎では通勤が車なので、

どこにあろうとも仕事帰りに寄れますが、

帰宅方向と逆になることも多く、

「わざわざ行かなくてはならない」という感覚になってしまいアウト!

ウォーキング

田んぼや畑の中をひたすら歩く。

地域によっては、

森林浴をしながら歩けるところもあるかもしれませんが・・。

私が知っている限り、

田舎の多くは田畑です。

排気ガスは少ないけれど、
楽しみ、面白み、も少ない。

その点、都会では、ちょっとしたお店や素敵な家など見ながら歩けます。

小道を通り抜ける楽しみもあります。

都会のほうが道が整備されていたり、

緑が整備されていて木陰があったりします。

その他、田舎では夜は真っ暗で歩けない。

おはなちゃん
おはなちゃん

夜はイノシシや鹿などの獣にも会うから恐いね^^;

そんな中、田舎のじいちゃんばあちゃんはよく歩いていますね。

なので、「田んぼや畑だけだから歩けない!!」は

言い訳です^^;

わかっているけど、どうしても挫折してしまう!アウト!

公共交通

自然に強制的に動くことができる手段です。

私の中では、最も続けやすくて有効な方法。

田舎でももちろん利用できます。

ただ。。

本数が少なすぎて、自分の生活リズムに盛り込むのは至難の技

また、行きたい場所まで駅やバス停から遠いことも多い。

都会では、

一駅早く降りて歩くこともできます。

新鮮な景色も楽しめて、一石二鳥なんですよね。

田舎では現実的に生活に取り込むのが難しいんです。アウト!

ということで、田舎での運動不足解消は容易ではありません。

田舎で運動不足を解消するために必要なのは、

「固い意志」

そのためには「なんのために運動に取り組むのか」という目的を、

はっきりと持っていなければなりません。

田舎では車生活を避けられない。

カラダのことを不安に思う人は、

意識的に固い意志で、運動不足に陥らないようにしてください。

私はずーっと意志が弱くて、自分のカラダが弱っていくのを実感しながらも何もできないできました。

そのツケが最近まわってき始めていることを実感して焦り始めています。

最近は続けられそうなことからやろう!と思って、

YouTubeの動画を参考に、

1分でも毎日ストレッチをすることを目標にしています。

体力向上までは長い道のりですよ・・・^^;

食べ物とストレスに関しては「田舎」がいいの?

「健康」と一言でいっても、

心の健康、カラダの健康·、色々ですよね。

「食べ物は田舎がおいしい!」

「都会でストレスたまるから田舎に移住しよ」

とよく聞きますが、本当に田舎のほうがいいのでしょうか・・

実は田舎だからこそいい面もありますが、

そうでない面もあります。

食べ物

実は、

食品スーパーでは都会も田舎も内容にそんなに大きな違いはないです。

確かに地元の食材も多いですが、

全国から仕入れた食材も多く並んでいます。

なので、田舎に行けばどこにいっても「田舎のいいもの」が手に入るわけではありません。

そこは買い手の意識の違いで変わるところでしょう。

かえって都会の高級スーパーの方が厳選された野菜や肉、魚が多く並んでいる場合もあるかもしれません。

ただ、新鮮な食材が安く手に入る機会が多いのは確かです。

地元農協の店舗や朝市、無人店などで買うことが出来ます。

海が近ければ新鮮な海産物が安く手に入るし、

日本は山だらけなので山の幸も道の駅などで安く手に入ります。

私が都会から田舎に来てから、

食べ物に関して都会にはなかった最大の違いは、

いただきものが多くなった、

ということです。

特に野菜。海が近いので魚介類も度々です。

自分で畑を耕す人からは食べきれない分を、

出荷している人からは商品にならない傷ものを、

漁師さんからは保管しきれない分を、

いただきます。

「旬のものが何なのか」ということを身を以て学びました^^;

ストレス

ストレスは健康によろしくありません。

都会でストレスを抱えているから
のんびりしたイメージの田舎への移住を考えている人も少なくないかもしれませんね。

ストレスの要因は様々あります。

生活環境 人間関係 仕事環境

田舎に住むと「これらの要因が改善する」と

考えていませんか?

それは可能性のある話で、誤解もあります。

田舎でも都会と変わらない部分もあるし、

田舎だからこそストレスということも知っておいたほうがよいです。

生活環境

山、川、田畑。

田舎は自然がいっぱいです。

空気もキレイで夜には星空も楽しめて、リラックス効果もありますね。

睡眠状態もよくなれば、カラダも元気になります。

生活リズムが整いゆったりと過ごせるようになるかもしれません。

アウトドア体験やアウトドア·スポーツも近くで楽しめて、

これだけ聞くとなんて健康的な生活ではありませんか!!

一方で、

花粉に悩まされるようになる人もいます。

動物や虫の出現は絶対にあります。しかも日常的に。

虫が嫌いな人の中にはストレスを感じる人もいるかもしれません。

電灯がなく街の灯りも早い時間に消えるので、

夜は早く、真っ暗です。

慣れないと、灯りのない寂しさからストレスになります。

人間関係

人格や付き合い方に関しては、

地域の特性というのがあるかもしれません。

けれども、

人間関係は田舎だろうが都会だろうが基本的には同じです。

田舎だからという理由だけで「人間関係がよい」ことはありません。

基本はヒト対ヒトですよね。

田舎にある近所付き合いは、

楽しんでいく人とストレスになってしまう人がいます。

都会の近所付き合いは薄いことが多いので、

面倒に感じることが多いのです。

これに慣れていくかどうか、やってみないとわかりません。

仕事環境

通勤ラッシュというものがほぼありません。

公共交通の利用でも車通勤でも。

混雑のストレスはないです。

職場の雰囲気は会社によっても職種によっても様々なので、

一概に都会と田舎で特別な違いがあるとは言いません

が、

刺激の少ない田舎はのんびりした雰囲気のところが多いかもしれませんね。

私は公的機関で仕事をしていましたが、

対象の人口が全く違うという点で、

忙しさは都会に比べたら圧倒的に少ないと感じていました。

どっちがいい悪いではないけどな・・

まとめ

「田舎暮らしは健康にいい」

というのは半分幻想です。

そうとも言えるし、そうでもない、

それが私の実体験からの答えです。

ただもし、「健康にいいから」という理由だけで移住を考えているのなら、

注意してくださいね。

  • 田舎での車生活は運動不足になる可能性が高い
  • 田舎の食べ物は安価で新鮮が多いが、結局は個人の意識の違いで変わる
  • 田舎には田舎のストレス要素がある

田舎生活がマイナスな感じに見えてしまったかもしれませんね!?

そんなつもりはないですが、

「窮屈な都会から抜け出して田舎に行けば天国だ」

と考えている人がいたら、

いないかな・・

それは違うと伝えます。

私の場合、

今はとにかく車生活に慣れてしまったカラダを、

なんとかして立て直すことが直近の目標です^^;

皆さんも、

車生活にはご注意を!!

今日はここまで!

読んでくださりありがとうございましたm(__)m