【体験談】40代で生まれて初めてのレーザー治療 シミ治療で気持ち明るく前向きに!?

こんにちは、じょいころです。

突然ですが、

自宅でのシミケアに限界を感じていませんか?

鏡の前の自分のシミを見て気持ちが沈むことはないですか?

実は、私がまさにその状態でした。

37歳で出産後、突然「肝斑」(※)が出現しました。

その前から出現し始めていたシミと重なりどんどん濃くなっていく。

他の部分にもシミが目立ってきました。

ふと鏡に映る自分の顔のシミに落ち込む

鏡から目をそらしたりしてたもんなあ・・

自分が思う自分より、ひどく老いていて疲れている自分。

「ううわっ!!ひどい!!」

そんな感じでした。

いろんな美容液を試したりサプリを飲んでいましたが、

ゴールのない状態。

「いつまで続けたらいいの(T_T)?」てね

化粧品シミをで隠したはずなのに、

外出先の鏡の中で、浮かび上がってくるシミにショックを受ける日々。

そんな時友人の助言もあって、

私の人生には予定のなかった美容治療を受けることに。

半信半疑で臨みましたが、思い切って治療を受けて良かったと今でも思っています。

美容治療、気になっていませんか?

気になりつつも躊躇していませんか?

もしかしたら、

「40を超えているのに、美容に今さら高いお金払うのももったいない」

「中年になってから美容外科に行くなんて罪悪感」

「シミを化粧で隠すだけで(中年の私にはちょうど)いい」

と、投げやりになっていませんか?

確かに美容外科にかかると安くはありません。

それは事実です。

私も同じような葛藤がありました。

しかし、

本気でシミをどうにかしたい!と思っているのなら

美容外科で治療を受けることをおすすめします。

この記事を読んでほしい人

「今やっているシミケアの効果がわかりにくい」

「化粧品でキレイに隠せない」

「化粧品であれこれ試すのはお金がかかって辛い」

といったシミケアに限界を感じている人に是非読んでほしいです。

美容外科治療を受けた私の実感は次のとおりです。

治療を受けてよかったこと

◯気持ちの変化!前向きに明るくなった

◯治療の効果がわかりやすい

◯シミが隠しやすくなる

◯コスパがいい

私は若い頃から美容に特別興味があった方ではありませんが、
全く無関心というわけではない女子でした。

それなりに可愛く見られたいし、素敵な女性にも憧れていました。

いや、肌ケアは今思うと手抜きがひどかった。。。

学生時代は日焼け止めも塗らずに海やプールで真っ黒に日焼け。

30歳頃からはシミが気になり始めましたが、基礎化粧も化粧も簡単に済ませていました。

そんな私が高いお金を払っても美容治療を受けてよかったと思えるほどの気持ちの変化があったのです。

シミ治療に迷っている人、悩んでいる人の参考になれば嬉しいです!

※肝斑とは:女性ホルモンバランスの乱れが原因といわれ、主に、ほほ骨に沿って左右対称性に、または目尻の下あたりに左右対称にあるシミ。参考サイト「そのシミは肝斑かもしれない」

美容オンチのシミケアは限界

「シミをとにかく消したい」

シミに悩む人はとにかくそれですよね。

毎日のスキンケアが大切なのはわかりますが、
シミが薄くなっているのかどうか、実のところわかりにくい。

もちろん、最終的に消えたら万々歳なのですが、
あてのないゴールに苛立ち始め、やるせない気持ちが湧いてきます。

「シミに効く!」とうたう化粧品をいつまで使っていたらいいのか

高価な化粧品は買い続けていられません(T_T)

「よし!消えないなら隠すぞ!!」と、

コンシーラーを駆使します。

ところが私のように肝斑とシミが重なって濃くなると、

なかなかうまく隠せない。

したつもりが、なんだかうっすら浮かび上がってくる。

を変えても変わらない。

そのうちこれでもかと厚塗りになる。

塗りするから、コンシーラーやファンデーションの消耗が

くなる。

高価なものは買えなくなり、

価なものになっていく。

おはなちゃん
おはなちゃん

完全に負の連鎖だね・・(^_^;)

じょいころ
じょいころ

子育てが始まったばかりで家計に余裕が全然ないしね

「もう限界ジャー!!!」となりました。

シミが目立つ顔と対面するのは心が暗くなるので嫌になり、

鏡から目をそむけることも多かったです。

シミ治療がもたらしたもの

それまで美容外科に関心もなく行ったこともなかった私は、

知識はゼロ、受ける気もゼロでした。

美容に大金を使うくらいなら「自分には他にお金の使い道がある」という考えだったからです。

私の中での「美容」に対する重要度合いが低かったのです。

ところが自宅でのシミケアに行き詰まり、

そのストレスが膨らみ続けどうしようもなくなっていたのでしょうね。

美容に詳しい友人の助言もあったことで考え直してみたら、

意外と自分にメリットの方が大きいのではないかという思いになりました。

結果的に効果は予想以上!!

私が受けた治療(★美容形成外科併設の皮膚科で受けました)

1 まずは肝斑の治療 ケミカルピーリング と 内服

  一般的なレーザー治療は反対に濃くしてしまうことがあるため、

  肝斑を薄くしてからシミの治療をしていくということでした。

2 シミ治療 フォトセラピー

  強いレーザー照射1回で局所のシミを治療するものとは異なり、

  弱い照射で徐々にシミを薄くしていくもの。

  私のシミが比較的広範囲型だったのと、さりげない改善を目指したため。

  治療のあと化粧ができます。決められた回数はありません(どこまでかは自分で決める)

最大の効果は「気持ちの変化」

シミ治療では、

「治療の終わりはあなたが決めてね」

と最初にDrに言われました。

自分が納得できる状態は自分しかわからない、ということです。

私の場合は「10万円分」と金額で終わりを決めました。

(※Drには効果が期待できる最低限の回数を聞いています。)

完全にシミが消失したわけではないのですが、それでも確実に薄くなりました。

そして鏡をみるたびにテンションが上がるようになったのです!!

気持ちが明るくなりました。

外出先では、シミが浮かび上がってきてないか気にすることもなくなり、

堂々と過ごせていました。

つまり、

「シミ」に気をとらわれることなく、

他のことを考える余裕ができた

ということです。

休日のゴミ出しはすっぴんでも行けるようになったし、

旅行に行ったら入浴後の夕食時にわざわざ厚化粧しなくてよくなったし、

人に会うのも以前より楽しみになりました。

そんなに変わるもんなんだね

「シミくらいで」と思う人もいるかもしれないけど「悩む」って心に与える影響は大きいのよ。どんなに小さなことでもね。

治療の効果がわかりやすい

美容治療すると確実にシミを薄くするので対価を感じやすいです。

私にとっては、

ゴールの見えにくい化粧品類を使い続けるより明らかにわかりやすかった。

Drには「シミは確実に薄くなるけど、程度は人によって違う。止めると濃くなることも普通にあるので通い続ける人もいる。金銭的なこともあるし、どこで止めるかは自分で決めるのよ。」

と最初に言われました。

私は10万円までと決めて施術をしました。

金額を決めておけば、とりあえずお金の心配をせずに治療に専念できます。

あくまでも10万円分であってパーフェクトではないと思えば、仕上がりに納得できると思います。

万が一、治療終了時シミの状態に満足しなかったら、次の機会まで我慢するという覚悟は必要です。

シミを隠しやすくなる

シミが薄くなるので化粧品でキレイに隠せるようになりました。

なかなか隠せなくて厚塗りになっていた化粧が薄くなりました。

おかげで化粧にかける時間を節約!

ただでさえ化粧のりがいまいちなため厚化粧によるよれもあったのですが、それも無くなりました。

コスパがよい!?

美容治療は保険適用外で、安くはありません。

私の場合、ケミカルピーリングを5回ほど受けました。

1回あたり5,000円〜6,000円でしたので、約30,000円になります。

フォトセラピーは10万と決めたのでその前後でしたが、5〜6回程度です。

やっぱり万単位だね。高いわあ。自分の肌にそれだけ使うの勇気いるわ

でも美容治療せずに、家であれこれ高価な化粧品を買い続けたらどうなりますか?

しかも効果がわからない場合だと、お金の使い損です。

ケアをしている間、毎日鏡の前で暗い気持ちで過ごします。

満足感も得られません。

美容治療を受ければ確実に今より薄くなります(とDrにいわれました)。

その言葉を胸に、治療開始から数ヶ月は

期待を持ちながら楽しみで、くワクワクしながら過ごします。

毎日の心理状態もめちゃくちゃ違うのです。

これだけでも、コスパいいですよね。

その上、コンシーラーやファンデーションの減りも少なくなるので経済的です。

その分、口紅やアイメイクにお金をかけられます。

ごめんなさい、セコいわね(^_^;)

まとめ

「肌美人」という言葉があるように、

シミのない肌のきれいな人は基礎化粧品だけでも十分綺麗です。

その方が断然お得感あります。

また、私のような美容オンチは、高齢になるほど、おそらく化粧が面倒くさくなるでしょう。

そんな時、地肌がキレイであれば簡単な化粧だけで明るく過ごしていけます。

自分の肌状態に落ち込むこともないのです。

治療から5年ほど経ちますが、Drから言われていたほどシミはそれほど濃くなってきていません。

もちろんコンシーラーで隠すくらいはあります(^_^;)

再びシミ治療を受けられたらいいなと思っています。

友人が言うようにこれは趣味です。

なので今は5年前の様に悩んでいないので、自分でお金をかけていいかな、と思った時に行くつもりです。

「美容は趣味と思え」にガッテン!自分に優しくなれる

私もそうでしたが、美容治療やエステなどにお金をかけることが罪悪感になる人がいます。

特に私のように高齢出産の人は肌状態が変化する時期と子育てと重なるので、その罪悪感が強まったりしますよね。

「子供がいるのに自分にお金をかけるなんて!!」て。

でも、自分にお金をかけていいです。

なぜって、あなたの心が明るく前向きなことが子供にもあなたにとっても一番大切なことだからです。

シミに悩むのをやめて、明るく前向きにいきましょう。

今日はここまで!

読んでくださりありがとうございました!