【おすすめMUJI】無印卓上ほうきで掃除ストレスゼロ!掃除サボって掃除極める

こんにちは、じょいころです。

主婦業、子育て、仕事、毎日忙しいですよね。

掃除をする時間がない

掃除機かけるのが面倒

雑巾がけはもっと面倒

だから掃除をやりたくない!

それなのに

知らぬ間にたまるホコリが気になる

もうこの繰り返しで悪循環!

これではストレスがたまる一方ですね。

仕事から帰ってきてからの掃除なんて無理です。

時間もないし疲れている。

他にもやらなくてはならないことがたくさんある。

食事作り、風呂の準備、食後の後片付け··

無理無理

「掃除しなくても死なないからいいわよ」

「休みの日に掃除機かけたらいいよ」

これが私の職場での中年女子たちの口癖でした。

ところが

「掃除なんかサボってもいいわ」と思いつつ、

目立つホコリにイライラしたことはありませんか?

日中家に誰もいないのに何故かたまっているホコリ・・・

もちろん

「忙しい私は掃除をしなくていいのだ」

で正しいです。

なのに、

ホコリに気づいてしまった以上、掃除をさぼることがなんだかやるせない〜(T_T)

家が汚れていくことに嫌気が差すような・・

「掃除を怠っている私ってダメダメ?・・・」

完全に「ホコリ」にプレッシャーかけられています。。

プレッシャーを感じながらも、

掃除機をかける気持ちも余力もない。。

なんなんだ、この満たされない切ない気持ちは・・

そんな悪循環を断ち切ってくれる掃除グッズが、

「無印の卓上ほうき&ちりとり」

卓上だけではもったいない。

つまりこの卓上ほうきは、

「掃除機かけをさぼったまま、気になるホコリを掃除する」

ことを可能にしてくれるのです。

これによって

「サボりたい心」は満たされ、

「キレイにしておきたい心」も満たされます。

「ほうき」ならどれでも良いわけではありません。

「無印の卓上ほうき」だからこそ可能なのです。

デザイン、サイズ、機能、材質、価格、どれをとってもスグレモノ。

この記事では、

卓上ほうきによって掃除ストレスを減らすことができた私が、このほうきをオススメするポイントを解説します。

愛用者も多いんじゃないかな

収納に困らない

どこにでも収納可能です。なぜなら、

  • サイズが小さい
  • 自力で立つ
  • 無印らしいデザイン

手頃なサイズ感

三角形のような形で1番広い幅は約15cm。

引き出しや収納棚に閉まっておくこともできます。

「ちりとり」と無駄なく合体して一番大きくて奥行き4cm。

ちょっとした隙間にも入ります。

新たに収納場所を確保する必要はありません。

立つから便利

自力で立つので空いたスペースどこに置いてもスッキリしています。

壁際、冷蔵庫の横、階段の端、廊下の端、どこに置いても邪魔になりません。

穴が空いており引掛けて置くことも可能ですが、

わざわざフックを取り付けることは面倒です。

さり気なく立たせておけばそれでOK!

スッキリデザインで見えても許せる

無印らしいシンプルなデザイン。

装飾は一切ありません。

必要な機能だけに絞られたデザインで無駄がない。

あくまでも個人的な感想です!

「ほうき」を収めた「ちりとり」が自力で立てるために計算されています。

「ちりとり」の先が広がり、縁が徐々に大きくなることでバランスを保っています。

「ほうき」を「ちりとり」に収めた時、「ほうき」と「ちりとり」はくっつきません。

「ほうき」を収めても立っていられるための絶妙なバランスを保つためと私には思われます。

つまり「ちりとり」だけでも立ち「ほうき」と合体しても立ちます

見れば見るほどこのバランスは感動モンよ

このシンプルなちりとりとほうきには、

デザイン性と機能性の掛け算がとことん考えられているのだと、感ぜずにはいられません。

シンプルでさりげないデザインなので、掃除道具とはいえ視界に入っても邪魔になりません。

しっかり掃いて、しっかり回収

馬毛が使われています。

適度にハリがありホコリや食べかすを逃さず集められます。

しかも丈夫なのでへたりません。

100均などのミニほうきに比べたらやや毛が長いです。

そのため、より隙間や角が掃きやすいです。

ちりとりには集めたゴミを収めやすいように僅かな傾斜が付いています。

写真でわかりますか?

さりげなさ過ぎて、使ってみて初めて気がつく場合もありそう。

さりげなさが半端なくすごいです。

我が家では階段とキッチンの引き出し下で特に活躍しています。

ホコリやゴミがなぜかすぐ溜まる場所。

何故か目につく場所・・。

お手頃価格

価格は380円+税です

個人的にはもう少し高くても納得のいく商品です

活躍の場が多い商品な上に私の掃除ストレスも軽減してくれるのですから。

お値段以上に活躍するので、我が家には2つあります。

卓上用(子供の消しゴムカス用)と床用。

階段用、廊下用、部屋用、洗面所用という具合に置いておけばいつでもサッと気になるホコリを除去できますね。

追加で欲しい

まとめ

「掃除をサボりつつ、気になるところはさらっと掃いてストレスなく毎日を過ごす」

これを可能にするのが「無印の卓上ほうき」です。

その見た目、機能はスグレモノです。

  • スリム、自立、シンプルで収納ばっちり
  • 気になるホコリをしっかり回収
  • 安価で必要な場所に全て置ける(そのためわざわざ取りに行く手間を省ける)

あなたの家ではホコリや食べかす、抜け毛などが溜まりやすい所はどこですか?

無印卓上ほうきが手の届くところにあると、

気になったらいつでも簡単にキレイにできて気持ちを楽にして過ごせます

もちろん本格的にキレイにしようと思ったら、掃除機や雑巾がけをみっちりやらねばなりません。

が、それはたまに気が向いたときでもいいでしょう(^^)!

ふだんからホコリをとっていれば、休日の掃除時間が簡単に終わらせることができそうですしね。

近年、家の床をほうきで掃くことは確実に少なくなりました。

掃除機はもちろんのこと、ロボット掃除機も進化しています。

私はロボット掃除機を導入したい一人ではありますが、この「卓上ほうき」はおそらく今後もずっと使い続けます。

ちょっと気になる時にちょっと掃除できるという手軽さがこの上なく快適なのです

ホコリからのプレッシャーがなくなりました

この日本全体では活躍の場は少なくなっている「ほうき」かもしれませんが、

形を変えながら今もあちこちで使い続けられていることを思うと、

先人の知恵?を感ぜずにはいられません。

あなたの忙しい毎日の中でホコリからのプレッシャーが少しでも減りますように・・

今日はここまで!

読んでくださりありがとうございましたm(__)m