家事はしない夫よりAIを信じる!お互いストレス減ります

こんにちは!じょいころです。

家事をしない夫と子供2人の4人家族です。

家事をしない夫に対する妻のイライラや悩みはよく聞く話ですね^^;

子育てや仕事との両立で忙しい妻は、

ただでさえ疲れてイライラしやすいです。

そこに輪をかけて家事をしない夫がいると、

余計にイライラがつのります。

妻が家事をしない夫にイライラするポイント!

  • 家事をなかなかやらない、覚えようとしない
  • 頼むと嫌な顔をする
  • オレはやればできる、とプライドは高い

ひどい言われようね・・

プライドはたち悪いわ

もちろん、これは妻側の見方であります。

きっと夫にも言い分はあるでしょうーーーー

しかしながら私は

家事しない夫へのストレスがめちゃくちゃ大きかったです。

家庭の決め事は他にも色々あって、

夫も一役かっている大事な場面は多々あります。

そのことをちゃんと理解はしていますが、

妻にとって毎日続く「家事」の存在は大きいのです!

家事しない夫が本当にストレスでした。

でも家事を効率よくサボることを始めてから気付きました。

夫をあてにするより機械(AI)を信じる方がよっぽどストレスない

と。

信じるのは夫ではなくマシーン

世の男性を敵にはまわしたくないので断っておきます。

あくまでも「家事」に関してですよっ。

「機械を信じた方がお得」と気づいてからは

気持ちがとっても楽になりました。

自分にとっては絶対にプラスです。

なぜお得なのか、なぜプラスなのか、

まとめたので読んでみてくださいね!

エネルギーと時間を自分に向けられる

イライラすることはエネルギーを使います。

結構、疲れるのよね

もともとやる気のない夫に、

「家事を手伝ってもらおう」と働きかけることは、

もっとエネルギーと時間を使います。

優秀な家電によって、そのエネルギーと時間をどんどん自分に向けられるようになります。

家電と夫が違うポイントはコレです↓

家電は、

  • 家事を手伝ってくれる
  • 嫌な顔をしない
  • プライドをみせびらかさない

妻が家事をしない夫にイライラするポイントと真逆ですね!

妻は夫に何を期待しているのか

率直に家事を一部でもいいからやってほしいのですよね!

仕事も子育てもしながら全ての家事をしている妻はヘトヘト。

家庭が回らないから代わりに家事をしてほしい、少しでもいいから。

本当はもっと分担したいし、するべきだとも思っている。

あばよくばこれを機に

家事に興味がわいて料理も掃除もすすんでやってくれるようなパパに大変身!

というようなことまで期待してしまったりもする。

(それは酷、いや夢のまた夢か。。)

しかしなかなか夫が家事をしないでいると、

妻はそのうち単に手伝ってほしいというSOSから

「私ばかり」「なぜ私だけが」と不満や反感ばかりが強くなっていきます。

家事苦手な夫がいることも理解していますよ〜!

苦手なことを押し付けられるほど嫌なことはないです、確かに。

だったらせめて、

「毎日の家事はとても大変なことなんだ」と、

妻の苦労を理解してくれることに期待をします。

ねぎらいや感謝の言葉への期待です。

期待をしたら夫は変わるのか

答えはNOです

期待だけでは変わりません。

そもそもやる気のない夫がそう簡単に変わるはずがありません。

自分にあてはめてちょっと考えてみてください。

嫌なことを進んでやりたくなるなんて、そう簡単なことではありません。

冷静になったらわかるよね

もちろん、世の中には上手に夫を褒めて讃えて円滑に協力している優秀な妻もいます。

手伝いたくなるような素敵な妻ということもありますよね。

そのように夫にあの手この手で美味い方法を仕掛けて、

もしかしたら少しずつ妻の期待にこたえるようになるかもしれません。

ただ家事しない夫が快く協力してくれるまでになるのは至難の技です。

大抵は、協力はしても嫌々しています。

夫の嫌々しながらの協力は、問題解決になりません。

逆に妻のストレスになります。

「そんな事言われたら世の男性はだったらどうしろってんだ!」

と怒るかもしれないですね^^;

これまで家事らしい家事をあまりしてこなかった人であれば、

新しい技術を1から学ぶ状態なわけです。

しかも興味もないのに。。

イヤですよね。

しかしながら、

やっぱり、

「家族のためなんだからそこはやってよ!」と思う妻の言い分も理解できます・・・

こりゃ食い違うわね

ただ100歩譲って、

家事ができないのは仕方がないと理解したとしても、

「俺だってやればできる」というプライドが高いとこれまた厄介です。

プライドがありすぎると家事の苦労なんてわかりません。

妻が疲労で倒れて入院でもしないと、なかなかわかってもらえないでしょうね^^;

一方的に「家事が大変だ〜」と言っても、家事の経験がない夫がどこまで想像できるか、考えてみてください。

じょいころ
じょいころ

厳しいね

実例;食洗機でWinWin

食洗機を購入する前は、

いろんな手を使って夫の協力を試みました!

例えば、週末の食器洗いをしてもらうとか、

自分の弁当箱だけは洗ってもらうとか。

「ちょっとずつでいいから手伝って♡」

というスタンス。

しかしながら、

いつも数回実行したら自然消滅。

気付くと「あれ??私がしているじゃん!!」てなってましたっ!

子育てと仕事の両立で私はいつも晩御飯のタイミングでイライラ。

そもそも弁当箱を洗うことを約束したにもかかわらず、

まだ洗っていない時に声をかけると

嫌な顔をしながら洗い始める・・・。

おはなちゃん
おはなちゃん

指示されるの嫌なのね・・

シンクに他の食器があっても、

言われた弁当箱だけ洗っていました。

それでいて「オレは洗ってる!」感をアピールされたりして、

そりゃあ妻にとっては洗ってもらっているのにかえってストレスという、

矛盾を感ぜずにはいられませんでした。

夫の方にもストレスがあったと思います。

いつも嫌な顔してたからな・・^^;

しかし!!

食洗機を購入してからお互いのストレスが明らかに無くなりました

食洗機が私の代わりに洗ってくれることで時間と手間の負担が減ったことは最大のメリットでした。

なにより夫に毎回頼むエネルギーや不機嫌になる夫を見る私のストレスが激減しました。

夫の方も食器洗いから完全に解放されて肩の荷がおりたわけです。

夫までが食器洗いから解放されたのは、なんだか悔しいような複雑な思いもしましたが、

なにはともあれ、

食洗機によって私も夫もストレスが減ったのです。

おはなちゃん
おはなちゃん

複雑な思いもあるのかもだけどよかったじゃん!!

じょいころ
じょいころ

まあそうね

まとめ

妻は家事しない夫に家事の助っ人を期待しますが、

期待するだけではうまくいきません。

といっても、頼んだり教えたりしたところで夫が変わることもあまりないでしょう。

人を変えることは簡単ではありません。

エネルギーも相当使います。

しかも大きなストレスを抱えながら。

毎日の家事にストレスの大きいエネルギーを使うのはとても疲れます。

おそらく淡々と自分一人で家事をこなすだけよりも疲れ方がひどい。

家事しない夫に自分の大事なエネルギーと時間を使うのはなんだか無駄です。

妻が期待するような家事をすすんでこなしていくパパにはならないのですから・・。

自分のエネルギーと時間は夫を変えるためにではなく、

自分のために使うほうがずっと楽しいですよね!

家電は

  • 代わりに家事をしてくれる
  • 嫌な顔をしない
  • 変なプライドはもっていない

です。

夫を変えようとしてストレスをためるくらいなら、

家電を頼ったほうが無駄なエネルギーと時間を使わずに済みますね!

妻は妻で、夫は夫で、お互いのストレスが激減しますよ〜

いやーー家事は夫ではなくAIを信じます、ハイ!

今日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m