ポジティブに「家事をサボる」を追求しています

こんにちは!じょいころです。

今回は私が日々奮闘している

「家事をいかにサボるか」

について詳しく解説します。

「家事をサボって楽しく生きよう!」

と言われても、

「サボってしまうと家庭が回らなくなる」

「代替サービスを使うなんてお金がかかるから無理」

という理由で、

「サボることは不可能なんだよ!」

と言いたくなるのもわかります。

そもそも「サボる」と聞くと

ネガティブなイメージを抱く人の方が多いかもしれませんよね。

家事は毎日の生活を支えているものであって、

例え手抜きをできたとしても、

何もしない、つまりゼロにはできません。

家事はやり方はどうであれ生活に必要なものです。

それを放棄する、何もしない、なんて

「怠け者」だ。

かつての私もそのようにしか考えられませんでした。

でも今は違います。

私がいう「サボる」は

家事をゼロにするのではなく

「何かに代替する」ということなんです。

その何かは

機械、サービス、工夫、便利グッズ、など

色々あります。

時には「テンション上がる大好きな道具」

というものも家事を楽しくするという意味で「サボる」に通じると考えています。

ひとことで言えば、

「楽しくサボることで生活をもっと楽しくすること」

主目的は家事によって生じる辛い思いをなくして楽しい時間にすることです。

こう考えると「サボる」はポジティブなイメージです。

家事が負担になり身も心も疲れ切ったことのある私だからこその思いです。

伝えたいことは、

  • サボることに罪悪感をもたない
  • 機械化することに後ろめたさを感じない
  • 家事によるストレスはいらない

です。

苦しんで行き着いたのが家事を「サボる」だった

念の為になぜ私が「サボろう!」と決めたのかについて語ります。

興味のある方はここも読んでくださいね。

この記事を読んでくださっている人の中には、

私を「家事をサボる発想をもつなんてもともと家事が嫌いな人」

と想像するかもしれません。

ところがそうではありません。

特別大好きではなかったですが特に嫌いでもなく、

部屋は片付いていた方が好きだし、

料理は家で作って食べる方が好きで、

どちらかというと好んで家事をする方でした。

若い頃は料理教室にも通ったし、

友達とよく家で一緒に料理をして楽しんでいました。

ところが、

結婚、出産を機に毎日が目まぐるしく過ぎていく中で

家事がかなりのストレスになっていったことは間違いないです。

例えばこんな1日ね

早起きして朝ごはんを作り、子供を保育園に送って出勤。

仕事中も今夜の献立は何にしようかと悩むこともしばしば。

急いで退勤し保育園に駆け込み子供を迎えて家に帰る。

帰ると休む間もなく食事作り。

食事が終わって後片付け。

慌ただしく風呂に入り、気が付けば就寝時間。

おそらく働く多くのママがこんな風に過ごしているんではないのでしょうか。

この間に子供のお世話、明日の準備、寝かしつけ。

洗濯物の片付け、時には仕事帰りに買い物もします。

あまりにも苦痛だったので雑誌や本やネットを読みあさり、

様々な工夫を実行し、少しでも楽になろうとしました。

なんとか楽になりたい!と必死だったわ

・早朝4時に起きて洗濯をする

・出勤前に買い物に行く

・時短メニューを駆使する

・洗濯物はハンガーにかけてそのまま収納

・休日に下ごしらえして冷凍

・野菜を切っておく

・1週間の献立を決めておく

まだまだあります。

一時的には楽になるのですがそれが長続きしない・・。

例えば、

週末にまとめての買い物をして下ごしらえしておくと、

平日は楽にはなりますが

そのうち週末にまとめて食材を処理するのが億劫になる始末。

週末くらい休みたい!てなるのよ

そうこうするうちに

ストレスの風船はどんどん膨らみ、とうとう割れてしまいました。

私の感覚は、自分の体だけがただひたすら毎日の作業をこなしていて、

意識はどこかにいっていました。

カラダと心がバラバラでしたね。。。(^_^;)

そのことに気がついたとき、

家事にこんなストレスを抱えて時間を費やしていることが

急にアホらしくなりました。

その時な、なんと長女が生まれてから10年の月日が過ぎていました(T_T)

ここまでくると、家族の協力うんぬんどころではなく、

自分とどう向き合うかということを真剣に考えました。

仕事を減らしたら解決するかと思いましたが、

減らしても家事への抵抗感はなくなりませんでした。

自分に染み付いてしまった家事への嫌悪感?は払拭できないみたいです。

そこでうまく家事をサボることでいかにして快適に過ごしていくかを追求することにしたのです。

家事をサボることに罪悪感をもたない

「ねばならない」というプレッシャー

これまでのママ友や仕事で接したママたちは、

家事の手を抜くことに少なからず罪悪感をもっているようでした。

統計的なものではなく、あくまでも私の感覚です。

忙しくて大変な毎日を過ごしているのに、

一方で家事の手を抜くことが許せない。

「大変だけどちゃんとやらなきゃ」

「子供のためにちゃんとしなきゃ」

「自分のことは後回しでいいんだ」

「家事はやらなきゃいけないことなんだから」

こんな思いなのかもしれません。

私も同じだったのでよくわかります。

「子供のために安全で美味しいものを作ってやらなくてはならない」

その気持ちはママなら当然だし

しかるべきだとも思います。

ただ

「作らなくてはならない」

これって自分にプレッシャーをかけていませんか?

本来は「愛する子供のために作ってやりたい」という気持ちが

きっと最初にあるはずですよね。

知らない間にやらなくてはならないという気持ちが増え続け

自分に大きなプレッシャーを掛けているのです。

知らずに意識してしまっている!?

なぜ家事の負担を感じているのに、

「まだまだやらなくては!」と考えてしまうのか。

歴史的、文化的な視点から興味深い話があります。

私はこれを理解してから少し楽になりました。

専門家ではないのであくまでも私の知識からの解釈です。

歴史ラジオや書籍、ニュース投稿などから知りました。

もともと日本の女性は家を守ることが仕事でした。

江戸時代の頃はどうだったのか詳しくはわかりませんが、

女性が主に家の仕事を担っていたと思われます。

私が子供の頃は(戦後30年後くらい)母も近所のおばちゃんも皆専業主婦でした。

その後、女性の社会進出が進んできたというのはよく聴く話です。

仕事をする女性が増えました。

社会進出というと聞こえはいいですが、近年は経済的理由で働かなくてはならないという人も増えています。

現在私が住んでいる近所では、高齢者以外で家にいる女性はほとんどいません。

皆働いています。

共働きが当たり前になっていて、初対面でもまず「どこにお勤め?」という質問が自然になっている気がします。

このように女性の社会進出は進みました。

がしかし一方で、昭和初期もしかしたら江戸時代?の「女性は家を守るのが仕事」という意識だけがあまり変わらずに残っているというのです。

つまり「家を守るのは女性」という意識は変わらず残り、女性の社会進出だけが独り歩きのしているというわけです。

家を守るのは女性=家事をするのは女性という意識は

男性だけではなくて女性にもあるというところがポイントです。

これは私のなかでかなり合点がいきました。

夫と同じくらいの時間を働いているのにプラス家事をしている。

誰に言われたわけでもないのに、なぜ自分は家事を当然のようにしているのかなんとなく不思議に思ったこともありました。

文化的な遺伝子っていうやつですかね・・

おはな
おはな

自分の母親の姿を見ているからじゃない?

考えられる理由はいくつかあるだろうね

女性は社会にどんどん出ていって変わっているのに、家事に対する意識だけが昔のまま。

だからちぐはぐになって女性に負担がかかりやすい。

これは当然のことなんだと妙に納得しました。

「だったらその(女性は家を守るという)意識を変えたらいいだけじゃん!」

と思ってしまったわけです。

サボってもいいんです

誤解しないでほしいのは

私は日本の女性が家の仕事を守ってきたという歴史的な文化を尊敬しているし、

日本社会が成り立ってきた一助だと思っています。

家庭の仕事を丁寧にきちんとこなしている方も多くいます。

本当に尊敬しています。

私も理想はそうでありたい・・・

以前の私なら無理してそのようになれるよう頑張っていたかもしれません。

今は「ストレスにならない範囲ですればいいんだ」と考えられます。

家事によるストレスはいらない

家事は本来、自分も含めた家族のために生活を整えておくといった意味があるんじゃないかと思います。

生きていくために必要な営みですし、家族が心地よく過ごすための手段の一つ

なのに、

家事によるストレスを抱えるともう完全にその家事は労働です。

報酬のない労働(T_T)

報酬とはお金だけではないですが、

「家族の笑顔が報酬だ」というほど完璧な人間力のある私ではありません(^_^;)

しかも家事というのは毎日のことです。

たまにあるくらいならよいですが、毎日このストレスにさらされるのは身も心も腐ってしまいそうです。

前述にもつながりますが、このストレスは仕方がないことだと思っているママも多い。

自分が家庭のために犠牲になることは当然だというのです。

ある意味、その側面があることを否定はしません。

例えば子育て中は自分の時間をそれまでと同じように持てないですが

これは仕方がないことです。

独身時代と変わらぬ生活をしようとしたら、

家族の生活がまわらなくなり結果的に皆不幸になります。

「自分の時間が持ていない不満」を「子供への愛情や幸福感」で帳消しにしているのだと思います。

ただこれが愛情とか幸福感でカバーできなくなるくらいのストレスを抱えることになると、

自分ばかりという気持ちがどんどん大きくなり、いつか爆発しかねません。

そんなことにならないためにも、減らせるストレスは減らし、家事にとられる手間を減らしたい。

家事に休みの日はありません。

そんな家事がストレスの塊だったらどうでしょう

ストレスのために毎日の貴重な時間を費やすなんて想像するとアホらしいです。

まとめ

同じ時間を毎日過ごすなら、ストレスに時間を費やすよりも楽しさに時間を費やしたほうが

自分の心やカラダにも、家族にもいい影響を与えます。

それは結局楽しい人生にもつながりますね。

家事をサボることで負担を減らし、楽しい時間にしていく。

悩んでいる人は是非実践していきましょう!

今日はここまで!

読んでくださりありがとうございましたm(__)m