【食洗機の検討】機械に任せよう。後ろめたさは感じるな。心の余裕は健康につながる!

こんにちは。じょいころです。

家事によるストレスを無くそう〜!を日々心がけて過ごしています。

最近とうとう食洗機を購入しました。

食器洗いのストレスが激減したので、
「なぜもっと早く購入しなかったの!?」
と悔やんでいます。

毎日、

「家事と仕事で毎日ヘトヘト。少しでも楽になりたい。」

「食器洗いがストレスでイライラしてしまう」

と思いつつ、

「食洗機は欲しいけど、食器洗いくらいやらなくちゃ」

と思ってしまっていました。

家事、子育て、仕事。

半端ない仕事量です。
なんとか料理を作り、食べ終わってホッとするもつかの間、

いつも食器洗いが待っている。

夫に「たまにはお願い🙏」と頼むと嫌な顔されて疲れが倍増する··。

イライラしたり、怒ったり、ストレスがかなりヤバい

毎日必死なので、楽になれる方法をゆっくり考える時間も余裕もない状態。

もし、あなたが同じような状況なら、
そんな状態が長く続かないように、できるだけ早く家事を機械に任せてみることをおすすめします。

必ず劇的に変わります。

私の場合、特に気持ちに余裕をもてるようになったことが最大のメリットです。

今回の記事では、

  1. 機械に頼ることは悪くない
  2. 食器洗いのストレス
  3. 食洗機のコスパは高い

この3つについて理由とともに解説していきます。

記事を書く私は以前、仕事と家事と子育てが重なり、家事に協力的ではない夫にも疲弊していました。

食洗機がカジノ一助になることを理解していましたが、購入までに5年以上悩み続けてしまいました。

食洗機を購入した今、これらの経験から気付いたことが多々あります。
その経験からの視点で記事を書いていきます。

機械を使うことに後ろめたさを感じるな

おそらく、「食器洗い乾燥機」という便利なものがあるということを知らない人はいないでしょう。

特に家庭をもつお母さんは種類まではわからなくても存在は知っていますよね。

私もずーっと前から食洗機が便利なのはわかっていたけれども購入してきませんでした。

ずーっと葛藤の中にいました。

ほとんどの人は洗濯は「洗濯機」という機械に任せていますよね。

なぜ食器洗いについては「食洗機」に任せない人が多いのでしょうか?

「本体価格が高いから?」
本体価格は洗濯機も同等でしょう。

「コスパが悪いから?」
確かに、洗濯機に比べたらコスパは低いかもしれません。

家族4人の洗濯物を手洗いしようものなら1時間では終わらないです。
脱水にも限界があります。
洗濯機にお任せすることはめちゃくちゃコスパがいい。

それに比べて食器洗いは20分あればだいたい終わります。
「自分が20分ほど頑張ればいいだけじゃないの?」と思ってしまうのも仕方ないですよね。

しかし、

その数十分がしんどいのではないですか?

なぜ洗濯のように機械に助けてもらわないの?

それは、

「食器洗いを機械に頼ることに後ろめたさを感じる」からです。

先ほど話したように、洗濯はとても重労働です。時間もかかります。

だから機械化しても後ろめたさを感じない。

食器洗いは労働力も大したことないし、時間も短い。

「機械に頼るなんて、母として妻として女としてダメだ」

こんなことを無意識に考えているのです。

でも仕事も子育も家事も全てまともにするなんて、

無理です!

台所仕事は食器を洗って終わりではありません。

台所のゴミを捨てたり、台の上を片付けて拭いてきれいにしたり、明日のお米を準備したり。
機械に任せられない家事は他にたくさんあります。

家事のほんの一部の食器洗いを機械に任せることに後ろめたさを感じることはありません。

家事に子育てに仕事に忙しいときは、たった5分でも貴重な時間です。
子供との時間、自分の時間、喉から手がでるほどほしい時間です。

食器洗いの20分だってとっても貴重な時間なんです。

食器洗いのストレスを抱えないで

ストレス赤鉛筆で書く

誰でもお腹がいっぱになると満足しますよね。

食事が終わって満足に浸りながらテレビや本を見ている家族を横目に、自分は食器を洗い始める・・・

心に余裕のないときは、この状況に切なさを感じてしまって泣きたくなったこともあります

「食事」は食べて終わりではないのが家事です。

時間と心に余裕がないととってもストレスですね。

誰だって、食後の満足時間はゆったりと過ごしたいもの。

いくら美味しい料理で満足していても、食器洗いが残っていると満足感が半減してしまうことも。

こうなるとストレスはイライラとして現れます。

そして、子供や夫にあたってしまう。そんな自分をイヤになる。そしてまたイライラ・・・

負のスパイラルの発端が実は食器洗いだったりすることはないですか?

避けられるストレスは避けたい。それが自分にも家族にとっても幸せです。

食洗機のコスパは高いです

水に浮かぶ花

食洗機の本体価格はいろいろではありますが、分岐水栓型のパナソニックの機械で約7万~9万円(家族用)。

決して安価ではありません。

私もこの価格帯になかなか購入の決心ができませんでした。

ある時こんな考え方をしてみました。

10年使うとして1日あたりの金額を計算したのです。
(友人が2012年製の食洗機を使っており、10年は使えそうなので)

本体価格80,000円の食洗機と仮定すると、

1年間8,000円のコスト

1日約22円のコスト
*電気代、水道代は含んでいません

ほぼ毎日使うことを思えば、これでストレスが少しでも減るなら本体価格は安いと思いませんか??
毎日のストレスから開放されるのですよ!(^^)

ストレスが減ることは健康の向上にもつながります。

家族との関係もよくなります。

子供との時間が作れないという罪悪感も減ります。

まとめ

食洗機の購入を迷っているあなたに伝えたいのは、

  • 食洗機に後ろめたさを感じなくていい
  • 食器洗いのストレスを抱えないでほしい
  • 食洗機のコスパは高い

です。

もう一つ、私が食洗機の購入を長く迷ってしまったことで生じた残念な結果があります。

それは、家事がとっても嫌いになってしまったことです。

結婚当初から家事が嫌だったわけではありません。

寧ろ、料理や家事は好きな方だったのです。
が、仕事や家族が増えて負担が大きくなり、家事が本気で嫌になってしまいました。

一人で頑張りすぎました・・(^_^;)

できることならコックさんを雇って、食事の準備から片づけまで全てをお任せしたいくらいです。

機械に任せることを拒んでいたから家事嫌いになったのか!?と思うと後悔ばかり・・・

いいか悪いかは別にして、

家事が嫌になってしまう前に、機械化できるところは少しずつしてみることをおすすめします!(^^)

今日はここまで!

ありがとうございました。

【おすすめ卓上食洗機】私の注目ポイント「水栓方法とサイズの違い」